A-Book

上場を終えて、今

上場を終えて、今

弊社代表取締役社長 市原創吾(いちはらそうご)が、「今、この時」にステークホルダーの皆様にお伝えしたいことを、動画形式でお届けさせていただきます。
記念すべき第1回目のテーマは、創業4年で上場という大きな仕事がひと段落した「今、この時」の想い、【上場を終えて、今】です。
ぜひ最後までご視聴、ご一読ください。

動画はこちらから。

 

書き起こしは以下よりご覧ください。

※読みやすいように、語尾など、話し言葉を書き言葉に少し修正しております。

上場を終えてひと段落の今、動画でブログを始めようと思った理由は?

上場を終えて、ステークホルダーの皆さまに対して自分が思っていることであったりとか考えてることを、しっかりと自分の言葉で伝えていきたい、という風に思い、始めました。

文章よりも動画の方が伝わりやすいかな、という風に思いましたので、動画でスタートさせていただいております。

上場を終えた今、どんな気持ちですか?

思った以上に、正直、自分は何もまだ成し遂げられてないな、というような気持ちでいます。ただ4年間地道に頑張ってきて、上場という一つ大きなイベントはクリアできている状況ではありますので、そこに関しての達成感ってのは少しありますが、やはりまだまだ何も成し遂げられてないな、というような気持ちが強いです。

創業からの4年間を振り返ると、何が頭に浮かびますか?

頭に浮かぶ一番大きな思いとしては、「感謝」という言葉が一番やはり大きいな、という風に思ってます。

創業間もない時から、そしてこの4年間、大手で活躍していたキャリアを捨てて、飛び込んでくれた中途の人達であったり。

1期目から新卒採用していますが、法人というのは300万社あります。その300万社ある中で、1社目のキャリアとしてAViCを選んでくれた新卒の社員であったり。

あとはトラックレコードがない中で、信頼して信用してお任せいただいたお客様への「感謝」というのが一番頭に浮かぶなという風に思います。

今後に向けた抱負を聞かせてください

やりたいこととかこれから挑戦していきたいことっていうのは、本当にまだまだたくさんあるというかですね、やりたいことで頭がいっぱいというような状況なんですけども、我々はまだチャレンジャーであるというか挑戦していく立場であるという風に思ってますので、しっかりと信頼を積み重ねていく、多くの信頼を獲得していく、っていうことをしっかりとやるべきだなという風に思っています。

最後に一言お願いします

AViCはまさに上場して第二章に突入したというような状況です。

これから大きな飛躍的な成長をしていくには、多くの方たちの協力というのが必要であって、その中で僕らも入ってきていただく人たちにとって、しっかりと充実した環境というのを作っていきたいなという風に思っています。

ですので、AViCに興味を持っていただいた方には、ぜひ応募していただきたいなという風に思ってます。

この動画ブログも、僕が思ってること自分が思っていることを、AViCのシチュエーションであったりとか、あと折を見ながらこれからも発信していきたいな、という風に思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

SHAREこの記事をシェア

Recommend

関連記事